菓子屋横町

入口の看板

ノスタルジーに浸れる素朴な味がたくさん!

修学旅行生にも大人気

蔵の街一番街を抜けて、「札の辻」交差点を左に曲がると
「菓子屋横町」の看板が見えてきます。
大きな通りではありませんが、その中に十数軒ほどのお菓子屋さんが集まっており、
川越の観光名所として訪れる人も多いスポットです。

お菓子の他、ソフトクリームや漬物のお店が密集している

関東大震災の際、大打撃を受けた東京の代わりに、
全国への製造・供給を行ったことから、この一角に
お菓子のお店が集まるようになったんだそうです。

日本一長い「ふ菓子」

よく修学旅行生らしき中高生の姿を見かけますが、
必ず買っていく(と思われる)のがこれ。巨大なふ菓子。
長さはなんと95cmあるそうです。日本一長い。

ちなみに、いちばん突き当たりのところにある
「松陸製菓」さんで販売されています。

他にも懐かしの駄菓子をたくさん売っているのが分かりますね。
個人的にはふ菓子の隣に写っている
「水曜どうでしょう対決セット」が気になります。
分かる人には分かるやつです、これ。

Map

川越散策マップにもどる